猫の手で紡ぐ。

このサイトでは日常生活の話題、悩みごとの解決ヒントや、旬の話題・スポットなどについてご紹介していきます。

イベント

横浜の花火大会2018 山下公園のスパークリングと開港祭をご紹介!

投稿日:2018年4月11日 更新日:

夏の風物詩といえば花火ですが、今年2018年は横浜港の花火大会はいつ、いくつ開催されるかご存知ですか?

ここでは定番となりつつある山下公園の花火大会「横浜スパークリングトワイライト」と、横浜開港祭の花火大会「ビームスペクタクルinハーバー」について、紹介していきます。

スポンサーリンク

横浜の花火大会 2018年はこの2つ!

横浜の花火大会といえば、全国でも有数の規模で2016年の31回大会まで行われていた、神奈川新聞花火大会を覚えている人も多いのではないでしょうか。

2012年からは15,000発もの数の花火が打ち上げられるようになり、横浜で最大規模の花火大会として毎年多くのファンが観覧に訪れていました。

ところが残念なことに、神奈川新聞花火大会は2016年の31回大会をもって「休止」となってしまいました。

休止となったのには諸々の理由がありますが、まとめていえば「安全管理上の問題」ということでした。

神奈川新聞花火大会は再開の見通しはたっていません。

また、それに替わる同規模の花火大会が別の場所で開かれるのかも、現在のところ未定となっています。

ですが、さすが大都市横浜です。

横浜港では、みなとみらい地区と山下公園前の2箇所で、引き続き華やかに夜空を彩る花火大会が今年も開かれます。

一つは、山下公園前の海上で打ち上げられる花火大会「横浜スパークリングトワイライト」です。

2018年は7月14日(土)と15日(日)の2日間にわたり、開催予定です。

 

もう一つが、横浜開港祭の一環として、開港記念日の6月2日(土)に開催される「ビームスペクタルinハーバー」です。

こちらは神奈川新聞花火大会と同じ、みなとみらい地区の臨港パークが会場となっています。

「横浜スパークリングトワイライト」では、両日とも3,000発ずつ、計6,000発が、「ビームスペクタクルinハーバー」では約6,000発の花火が、横浜の夜空に打ち上げられます。

ということで、まだまだ横浜の花火大会にも多くの人が集まってくることでしょう。

以下、それぞれの花火大会について、紹介していきます。

 

横浜の花火大会 山下公園のスパークリングトワイライトとは

「横浜スパークリングトワイライト2018」は、山下公園前の海上で打ち上げられる花火大会です。

横浜港内で、2日間にわたって開催される花火大会は、ここだけとなります。

以前まだこの花火大会の知名度が高くなかった頃には、自分も大さん橋のウッドデッキにごろんと寝そべって、花火鑑賞ができたことがあります(しかも無料で)。

現在では、大さん橋の上からスパークリングトワイライトを観るには、チケット(1,000円/一人〜各種)を買い求める必要があります。

販売サイトはチケットぴあとなります。

実はここだけの話、鑑賞の穴場があります。

と、隠し立てすることもないのですが(笑)、「横浜赤レンガ倉庫」前の(海側の)広場というか公園なんです。

ここなら、大さん橋越しにですが、花火が割と大きく見える位置なんです。

小さな打ち上げ花火の一部は、見えませんが。

そんなに人でごった返すという感じでもなく、比較的余裕のある状況で観られますよ(昨年並みの混雑として)。

・ ・ ・ 週末にみなとみらいで花火を撮りました。 横浜スパークリングトワイライトというイベントらしいです。 今年から、神奈川新聞花火大会が無くなってしまい、本当に残念ですが、みなとみらいで花火が撮影出来て良かったです。 大きな客船と花火っていう横浜らしい組合せで撮影が出来ました! せっかくなので、撮った花火をチョイと横にずらして、大盛りにしてみました(笑) ちょっとやり過ぎかな?? ・ ・ ・ Location Kanagawa, Japan Photography & Retouch @wako4580 ・ ・ ・ #比較明合成 #花火大会 #横浜スパークリングトワイライト #スパークリングトワイライト #三脚 #myyokohama #夏の風物詩 #花火 #横浜 #yokohama #みなとみらい #夜空 #夜景 #横浜夜景 #nightview #japan_night_view #resourcemag #s_shot #赤レンガ倉庫 #as_archive #横浜赤レンガ倉庫 #けしからん風景 #豪華客船 #fireworks #fireworkshow #大さん橋 #長時間露光 #一眼レフ #dslr #fireworksshow

Wako【ワコー】Photographer@Yokohamaさん(@wako4580)がシェアした投稿 –


■横浜スパークリングトワイライト2018
開催日:2018年7月14日(土)、15日(日)
時間:両日19:30~20:00
打上げ場所:山下公園前海上
問い合わせ:横浜スパークリングトワイライト実行委員会運営事務局
電話:045-681-2353
当日開催可否の確認電話番号:0180-99-1818

 

会場の山下公園までのアクセスは、意外と関内駅から(徒歩約20分)よりも石川町駅(北口出口)からの方が、徒歩15分と近かったりします。

 

スポンサーリンク

横浜の花火大会は開港祭から始まる

横浜開港祭「ビームスペクタクルinハーバー」

横浜の花火大会の皮切りは、実は横浜スパークリングトワイライトに先行して、早6月2日(土)に行われる横浜開港祭「ビームスペクタクルinハーバー」です。

横浜開港祭じたいは、6月1日(金)と2日(土)の2日間(2018年)の予定です。

 

開港祭の最終日のイベントとして、約30分間で6,000発の花火が、まばゆいレーザー光線と音楽と融合して打ち上げられるのです。

打ち上げ場所や鑑賞の穴場スポットについての記事はこちらになります↓↓ので、ご参照ください。
横浜開港祭2018花火の日程と時間は?打上げ場所と穴場を紹介!

 

上の記事にない花火鑑賞の穴場をここで一つ付け加えるとしたら、「ぷかりさん橋」ですね。

正式会場の臨港パークの目の前なんですが、花火の打ち上げの直前にテント等の設営が取り払われます。

運が良ければ、最高に近いポジションでフリーで花火鑑賞できることになります(2017年の情報から)。

 

横浜開港祭花火大会には浴衣姿の人はいる?

昨今の花火大会の会場では、浴衣を素敵に着こなしている人も多く見受けられるようになりました。

横浜開港祭花火大会「ビームスペクタクルinハーバー」でも、例外ではありません。

十代二十代を中心にたくさんの人が、思い思いの浴衣姿で花火観賞に訪れますよ。

 

浴衣を着て行こうかな、と悩んでいるあなた。

浴衣も甚平も、着ている人は多いですよ。安心して着て行ってくださいね。

ぜひ横浜開港祭花火で、花火とともに素敵にSNS映えしてみてください。

 

でも草履については、普段から履き慣れている人はあまりいないと思います。

鼻緒擦れができても困らないように、絆創膏など、いざという時に手当のできるツールを持っていくと、役に立ちますよ。

【おまけ】花火鑑賞の服装や持って行くと良いモノ

花火鑑賞の時におすすめの服装や、持って行くと良いモノをまとめました。

ご参考にどうぞ。

・速乾性のTシャツ・ポロシャツ
・ジーンズではなく動きやすいチノパンや短パン
・歩きやすいスニーカー
・汗拭きのための大きめなタオル
・手元を照らせるネックライト
・虫除けのスプレーやグッズ
・かゆみ止め
・常用薬
・絆創膏
・小さくまとまるウインドブレーカー
・2人掛けできるくらいのビニールシート
・万が一に備え雨具の用意も。

 

(2018年6月 追記)

実際に、本花火大会を観に行ってきました!

おすすめした「ぷかりさん橋」ではなかったのですが、そこよりもっと打ち上げ場所に近いところに穴場を発見!

実際の会場の様子や屋台の出店の様子、そして観覧のスポットなどを報告しています。

よかったらこちらの記事もお読みください。

横浜開港祭花火2018に行ってきました!屋台と観覧場所の穴場情報!

 

■第37回横浜開港祭「ビームスペクタクルinハーバー」
開催日:2018年6月2日(土)
時間:両日19:20~19:50
打上げ場所:臨港パーク前海上
問い合わせ:横浜開港祭実行委員会事務局
電話:045-212-5511

 

まとめ

2018年に行われる横浜港内の花火大会2つについて、大会の情報をご紹介しました。

神奈川新聞花火大会がなくなった昨年以降、その分この2つの花火大会の注目度はさらに上昇中です。

関連記事の花火鑑賞の穴場情報と合わせてご参考になれば、幸いです。

夏の横浜の花火を、存分に楽しんで観てくださいね♪

【この記事に関連する記事一覧】
横浜開港祭花火2018に行ってきました!屋台と観覧場所の穴場情報!

横浜開港祭2018花火の日程と時間は?打上げ場所と穴場を紹介!

横浜開港祭花火に屋台は出る?周辺デートスポットとホテル情報も紹介

横浜開港祭は子供も楽しみ!マリンイベント始めエリアごとにご紹介!

インターコンチ横浜にコンビニはある?おすすめのカフェや評判は?

スポンサーリンク

-イベント

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

金沢まつり花火大会2018 見どころは?穴場スポット屋台情報も!

横浜市金沢区の海の公園で開かれ、浜辺でゴロンと横寝になって花火を鑑賞できるのが、金沢まつり花火大会です。 平成最後の夏の「金沢まつり花火大会2018」の見どころや、穴場スポット、そして屋台や露店の情報 …

恵方巻きの方角2018年は?作る派?買う派?合うおかずは何?

スポンサーリンク 豆まきと並んで節分のもう一つの楽しみが、恵方巻きにかぶりつくことではないでしょうか。 自分も関東の生まれ育ちなので、数年前からのブーム(?)にすっかりハマって以来のファンです。 今や …

葉山花火大会2018の見どころは?穴場と駐車場アクセスの紹介!

葉山海岸花火大会は、花火の打ち上げ数は約1,100発と控えめな数で、70万人以上もの人が訪れる横浜開港祭の花火大会などと比べて、人出も少なめな花火大会です。 それだけに、湘南エリアの東の端に位置する葉 …

姪甥の幼稚園の入園祝いあげるべき?金額や品物のおすすめは?

スポンサーリンク 春は入園や入学のシーズンですね。 実の子供が入園・入学されるのならもちろんのこと、姪や甥の入園・入学もまた喜ばしいのも当然で、祝ってあげたくなりますね。 もし親戚身内に入園や入学を控 …

真岡市夏祭り大花火大会の屋台2018!駐車場と穴場スポットもご紹介

平成最後の夏に、栃木県の真岡市役所東側の五行川河畔で開催される、真岡市夏祭り大花火大会。 約20,000発の発数や、レーザー光線と音楽とのコラボなど、力強く華やかなところがこの花火大会の魅力です。 真 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。