猫の手で紡ぐ。

このサイトでは日常生活の話題、悩みごとの解決ヒントや、旬の話題・スポットなどについてご紹介していきます。

イベント

雛人形を処分する方法と料金は?道具はどう処分すれば良い?

投稿日:2017年12月19日 更新日:

女の子の健やかな成長と安全を祈るお祭りである、雛祭り。

これに使われるのが雛人形ですが、その子供が成人して独立したり、壊れたり、引越しして収納スペースがなくなったりして、どうしても手放さなければならないケースも出てきます。

こうして役目を終えた雛人形の処分については、どうしたら良いのでしょうか。

その方法や料金について、また、付随する道具類の処分について、ご紹介します。

スポンサーリンク

雛人形を処分する方法は?

上述したように、雛人形は子供の健康と成長とを願う父母や祖父母の愛情のしるしとしての意味合いがあり、基本的に一人一セットが原則です。

こうした雛人形を、不要となったからといって安易に捨てるのは、気がひける方も多いのではないでしょうか。

いずれにせよ、感謝の気持ちとともに処分できる方法があるとありがたいですよね。

誰もがまず考えるのは、有効活用すべく①買取によるリサイクルや、②オークション利用による処分です。これらについて、見ていきましょう。

①買取によるリサイクル
結論から言いますと、不要となった雛人形はリサイクルショップではまず買い取ってはもらえません。

私の贔屓にしているリサイクルショップさんでも、ガラスケースに入った単品の人形で、高名な作者の手になる作品といったものでもない限り、人形は買い取っておらず、雛人形は不可とのことでした。

買取後に売りに出しても、雛人形のようなお祝いものについては新品で購入するご家庭が多く、すでに持っているご家庭も多いというのがその理由のようです。

②オークション利用による処分
オークションに出品して誰かに落札してもらう方法ですが、こちらもハードルが高いです。

雛人形をオークションサイトで検索してみても、かなり安い値段でしか落札されていません。

出品にかかる手間や、壊れやすい品物として梱包が難しい点等を考慮すると、お勧めできる方法とはいえません。

また、オークションで例外的に高値で落札されているのは、名の通った年代物の作品であったり、よほどの珍しい作品のみとなります。

ただし、視点を海外にまで向けてみれば、日本人形は結構引き合いがあるようですので、海外のオークションサイトで(使用言語は英語が基本です)、道具や雛壇を除いて出品してみるというのも、選択肢の一つにはなり得ます。

ここで振り返って考えてみれば、その雛人形は、あなたやあなたのお子さんを守ってくれた大切な人形といえますから、その処分も感謝の気持ちを込めてできれば最高ですよね。

そこで、どうしても手放さざるを得ない雛人形ならば、③神社やお寺の『人形供養』をおすすめします。

③神社やお寺の『人形供養』
ここでは神奈川県横浜市旭区の旭鎮守八幡神社の『人形供養祭』を、一例としてご紹介します。

旭鎮守八幡神社が手放さざるを得なくなった大切な人形を預かり、丁重に供養のお祭りをしていただける行事です。

原則として毎年年2回、6月と1月の最終週の週末(日曜日が多い)に、お人形の供養祭が行われます。

当日の直接持ち込みによる受付のほか、当日不都合だったり遠方で来られない人のために、郵送による受付もしてもらえます(当日受付も含めて、要事前連絡)。

郵送のための事前連絡については、供養祭の1週間前からの受付となります。

ちなみに平成30年1月の旭鎮守八幡神社の人形供養祭は、1月27日(土曜日)午後1時から3時までの当日受付で、午後3時から供養祭斎行となります(予定)。

【旭鎮守八幡神社】
神奈川県横浜市旭区川井宿町66
TEL:045-951-2007

なお、各地の神社・仏閣でも同様の人形供養をしていますので、あなたお住いの近くでもないかどうか、調べてみてはいかがでしょうか。
               

雛人形を処分する料金は?

処分方法の上記の③神社やお寺の『人形供養』を例にとりますと、旭鎮守八幡神社では、人形供養にかかる費用としては、供養料(玉串料)としてお雛様1式で5千円(から)を、お気持ちとしていただいているそうです。

そのほか、郵送による受付の場合には、その送料がかかることになります。郵送の場合には、供養料を同封します。


スポンサーリンク

雛人形の道具はどう処分すれば良い?

雛人形を処分するときに、同時に雛壇や道具の類は、どう処分すれば良いのでしょうか。

雛段や道具類、屏風やぼんぼり等は、人形そのものではありませんので供養の必要もありません。

したがって神社仏閣で人形供養に出すときも、こうした道具類や雛壇等は持ち込まず、自身で処分することになります。

それぞれのパーツに分別して、お住いの地域のゴミ出しの区分規定に従って(可燃・不可燃など)、市町村のゴミとして出して大丈夫です。

まとめ

ご自身やお子さんの健康や成長を見守ってくれた雛人形を整理するときには、感謝の気持ちとともに供養に出したいものですね。

一例として、旭鎮守八幡神社の人形供養祭をご紹介しましたが、あなたの街の周辺でも同様の供養のお祭りがあるかもしれません。

遠方であれば、郵送で受付を行っているところもありますので、丁重に感謝して雛人形にお別れしてみてはいかがでしょうか。

【この記事に関連する記事一覧】
五月人形や兜はどう処分する?買取は可能?付属品はどうする?

端午の節句初節句のお祝いの仕方は?プレゼントにはお返しは必要?

端午の節句で何を食べる?食べ物で離乳食なら何?デザートは?

スポンサーリンク

-イベント
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

小田原酒匂川花火大会2018!屋台・露店・穴場・駐車場情報を紹介!

小田原市の酒匂川の河川敷で行われる小田原酒匂川花火大会2018は、2018年で29回目を迎えます。 2017年の約10,000発という打上げ数は、神奈川県内でも最多のもの。 ですが、同規模の「あつぎ鮎 …

久里浜ペリー祭花火大会の屋台情報2018駐車場と穴場スポットも紹介

1853年ペリーが黒船で来航・上陸し、近代の日本の文明開化にもつながった地が、久里浜ですね。 それを記念した式典を始め、開国バザールなど内容が盛りだくさんの「久里浜ペリー祭」のメインイベントが、久里浜 …

昭和記念公園花火大会2018 屋台の楽しみ方と穴場スポットを紹介!

平成最後の夏に、記念すべき60回目の開催を迎えるのが、立川まつり国営昭和記念公園花火大会です。 夏の立川市の一大イベントで、昨年は公園内来観者だけで26万人もの人出がありました。 今年は6,000発に …

トミカ博横浜混雑予想!2018年は?駐車場やランチはどうする?

2018年の横浜の夏に、また「トミカ博 in YOKOHAMA」がやってきます! 大人気のこのイベント。わかってはいても、会場に入る前と会場内での混雑は、ある程度仕方ありませんね。 そうであっても、な …

秋の花火大会 関東なら見どころはココ!服装はどうすればいい?

花火大会といえば夏だけの行事、と思ってませんか? 9月以降に開かれる花火大会も、意外とあるんですよ。   中には、10月の中旬〜下旬にかけて行われる、大きな花火大会も。   でもそ …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。