猫の手で紡ぐ。

このサイトでは日常生活の話題、悩みごとの解決ヒントや、旬の話題・スポットなどについてご紹介していきます。

猫に暖房器具は安全?湯たんぽは?低温やけどは?ペットボトルは?

投稿日:

猫は寒がりと言いますが、寒い時期になると気になるのが、果たして猫に暖房器具が必要なのかということ。

家の中なら人間のくつろぐところでは自然と寄り添って、暖かい場所に移動してくるもの。

例えば、ストーブやこたつ、ガスファンヒータなど、人が温まる所に彼らも寄ってきますね。

では、人が寝る時間帯や、外出して留守番していてもらう時には、どうすれば良いのでしょうか。

パートナーとしての猫ちゃんには、何よりも安全に過ごしてもらいたいので、そのあたりを中心に、猫が暖を取れるものがないか、見ていきます。

スポンサーリンク

猫に暖房器具使う?安全?

そもそも、猫は寒がりなのでしょうか?

情報を調べてみますと、様々なことがいわれています。

ちょっとでも気温が低い時期になると寒さに悲鳴をあげる、ですとか、また逆に、雪が降り始めると嬉々として外を走り回っている、とか。

個体差や種類による差があり、そのほか年齢やその時の体調にもよるのは確か。

ですが、一般的な家猫(室内飼いのコ)に話しを限れば、やはり寒い時期に人間と同様に寒がるコが多いようです。

人間以上に、コタツやストーブが大好きで、ストーブに近づきすぎて髭を焦がしている猫を、動画や画像で見たことがあります。

同居の人間がいれば目が届く(はずの)ストーブなら問題ないのですが、これが例えば、ホットカーペットや電気アンカだったら、どうでしょう。

コードがあるような電気製品では、例えばそのコードをいたずらで噛んでしまったり、製品の品質によっては、異常な発熱や発火のリスクも否定できません。

パートナーとしての猫には、暖房器具を使うにしても最大限安全に配慮してあげたいところですね。

私自身は飼い猫にまだ試していないのですが、人間用の電気製品ならば、安全面においては、ペット用に作られた製品よりも一段と安全性にこだわった作りになっているのではないかと思うのですが。

それでも、いくら安全な作りだったとしても、その使い方が誤っていたのでは、猫も人間も安全ではなくなってしまいます。

暖房器具の中でも、ホットカーペットや電気アンカの場合は、低温やけどに対する注意が必要です。

猫にとっては触れごこちがよいので、つい長時間触れっぱなしになり低温やけどして、皮膚が赤くなってしまったりすることがあります。

余りに酷いと皮膚が壊死してしまう例もあるようですから、気を付けましょう。

猫に湯たんぽ使う?低温やけどは?

それならばと、暖房器具の中でも、湯たんぽならばどうでしょうか?

残念ながら、湯たんぽだから安全で火傷の心配がない、というわけではありません。

低温やけどの場合、40数度のものに同じ部分を3、4時間触れ続けているとなりやすいといわれています。

要はここでも使い方が重要で、使用説明書に従うのはもちろんですが、実際の使用状況での表面温度を(適切なカバーをつけた上で)何度になっているのか計ってみることが大切です。

熱さの度合いがレベルを超えていたら、もう少し水を足すとかカバーをもう一枚足して使う等の配慮をしたいところですね。

商品としては、最近は充電式(蓄熱型)の湯たんぽというものもあります。

充電が終わればそのままにしていたら冷めていくというもので、熱いお湯を都度注ぐ手間がない、温度もゆっくりと冷めていくので低温やけどのリスクも少ないようですね。


スポンサーリンク

猫に湯たんぽ使う?ペットボトルなら?

もっとコストパフォーマンスにこだわるのなら、一手間はかかりますがペットボトルを湯たんぽがわりにしてしまう、という方法もあります。

いわば手作りの湯たんぽですね。ゴミとして出るペットボトルを使うのですから、有効利用ですし、お手軽です。

ですが、このお手製のペットボトル湯たんぽで気をつけていただきたいのが、材質が簡単に手で凹むような薄い非耐熱性のものは、絶対に避けることです。

そしてホット用のボトルでも、70度を超える湯ではボトルが変形する危険があるので、漏れ出さないようにしっかりと温度の管理を行うことが必要です。

そして火傷の防止のために、硬く蓋をした上で、不要となった靴下を二重にしてその中に入れるようにします。

耐久性がどうしても落ちてくる消耗品ですから、数回の使用後はまた新しいペットボトルに変えるなどの手間を惜しまないようにしましょう。

まとめ

一般的な室内飼いの家猫は寒がり、と言えます。

一緒に室内でくつろいでいる時には人間と一緒の暖房器具で大丈夫ですが、問題は一緒にいないときです。

人がいない時や目の届かない時には、湯たんぽを使用することも可能ですが、低温やけどのリスクを考慮して、上記のように十分に気を配ってつかいたいものですね。

手作りの湯たんぽはコストパフォーマンスに優れていますが、材質や温度の設定、外カバーの使用等に注意して、もちろんしっかりと蓋をした上で使うようにしましょう。

スポンサーリンク

-
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

猫の抜け毛についてのまとめ記事 猫種別の特色や対策を紹介!

猫を飼い始めたその日から始まることの一つに、抜け毛の対策があります。 猫のモフモフ感は、その全身を覆っている毛のボリュームがあるからですが、かといって無対策のままでは猫ちゃんの健康を壊しかねません。 …

一人暮らしの猫飼いでも旅行に行ける?トイレやご飯はどうする?

今回取り上げるのは、一人暮らしで猫を飼っている場合、旅行等で数日間不在となるのは大丈夫なのかな?という問題です。 犬とは違って猫の場合はご主人が1日2日家を空けても大丈夫というけど、本当なのでしょうか …

ロシアンブルーは毛がよく抜ける?換毛期はいつ?抜け毛対策は?

スポンサーリンク 「ビロードのような」と例えられる毛並みのロシアンブルー。 本物を間近にすると、猫好きのみならずとも見入ってしまいますよね。 そんなロシアンブルーを初めて飼ってみようとしているあなたに …

猫を初めて飼うのに必要なものは?一人暮らしやマンションでもOK?

スポンサーリンク 『猫を初めて飼う』、とても興奮することではないでしょうか?笑 満を持してという人もいれば、中にはふとしたことがきっかけで面倒をみることになった、という人もいるかもしれませんね。 何れ …

猫の留守番は何日まで大丈夫?どんなイタズラする?対策は?

スポンサーリンク 猫を飼っている人の悩みの一つが、帰省や旅行などで数日間猫に留守番をしてもらわなければならない時ですね。 犬の場合は一日ご主人が不在なだけでもストレスを抱え込んでしまうと言いますが、猫 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。