猫の手で紡ぐ。

このサイトでは日常生活の話題、悩みごとの解決ヒントや、旬の話題・スポットなどについてご紹介していきます。

お正月

初詣のおみくじ 凶はNG?何回も引いて良い?有効期限は?

投稿日:

新年が明けて、初めて神社や寺院などに参拝する行事である初詣。

この初詣でよく見られる風景として、おみくじがありますね。

ところが実際におみくじを引いたところ、見事に『凶』を引いて
しまったとしたら・・・。

初詣で凶ってどうなの?ということでとても気になりますよね。

ここですぐに引き直しして良いものか、そもそも引き直しって
『有り』なんでしょうか?

引き直せるとしても、何回でもOKなのか?

1回引いたおみくじの『有効期限』のようなものが果たしてあるのか、
などのおみくじについての疑問についても、調べてみました。

スポンサーリンク
  

初詣のおみくじ 凶はNG?

初詣のおみくじで、あろうことか『凶』を引いてしまった!

これは控えめにいっても、それまでのワクワク気分は何処かに行って
しまうかも知れない出来事ですね。

ですが、初詣のおみくじで凶を引いたとしても凹む必要はありません。

そもそも、おみくじとは神仏のご託宣(お言葉)なんです。

運勢の占いではなく、いわば生活の指針とか今後の注意事項、くらい
の意味合いだそうです。

おみくじで出た吉凶の結果に一喜一憂するのではなく、そこに書いて
ある文言こそを大切に受けとめましょう。

おみくじはその吉凶によらず、できればお財布の中等にいつも携行し、
たとえ凶だとしても、今後の生活における糧や戒めとして、謙虚に
そこに記された文言を励行しましょう。

初詣のおみくじは何回も引いて良い?

私個人の体験談ですが、とある寺院に詣でた時におみくじを引いた
のですが、そこの職員の方が面白いおじさんで、『何度でも、大吉
が出るまで引いて良いよ』と勧めてくださいました。

平日昼間の、他に誰も参拝客が通りかからないような時間帯
だったからかも知れませんが、ちょっと普通ありえないこと
ですよね。

本当に大吉が出るまで、ここではちょっと書けないくらいに
くじを引かせていただいたんですが(笑)、これはかなり特殊
な例とお考え下さいね。

さて、初詣のおみくじは何回引いても良いのかですが、
結論からいえば、初詣かどうかにかかわりなく、何回も引いて
はダメ、ということはないようです。

スポンサーリンク

ですが、もう一度上記のおみくじのそもそもの趣旨に立ち返って
考えてみましょう。

時々読み返して糧や戒めとなすことに、おみくじ本来の意味があり
ます。

神様からのお声やアドバイスをもう一度、どうしてもいただきたい
というのなら、その次の文言をきちんと守って自分の行動等によく
生かしていくことを前提に、引くのも一つの選択でしょう。

ここで一つ注意したいことがあります。神社や寺院に詣でてこその
おみくじです。

なんども引き直してもOKですが、日を改めて気持ちも改めて、参拝
してから引き直すのが理想的といえます。

初詣のおみくじの有効期限はあるの?

おみくじの有効期限があるのか?あるとしたらいつまで?
という疑問がある方もいらっしゃるかも知れません。

有効期限(期間)、というものはないそうです。

しかしながらここでもおみくじの本来の趣旨に鑑みれば、
何度も何度も引き直しまくっていたのでは(笑)、その
文言にある神様からのせっかくのお声やアドバイスを
生かしきれないのではないでしょうか。

おみくじはできるだけ携行して、そこにある注意事項によく
目を通して実生活に活用したいものです。

いつかどこかで、またおみくじを新たな気持ちで引いた時に、
旧いおみくじを手放し、新しいアドバイスをしっかりと受け
とめて、有り難く今の人生を生きていく。

おみくじを引いた結果が吉でも凶でも、こういう方法で
おみくじを活用していきましょう。

まとめ

改めておみくじの意味合いを探ってみますと、深い意味合いが
そこにはありました。

神仏のご託宣(お言葉、アドバイス)と考えれば、たとえ凶が
出たとしてもビビる必要はないんです。

私も、初詣で『凶』が出てしまったら、少しは引きますが。

あなたがどうしても引き直したかったら、そうしても良いし、
今しばらくその文言の意味を考えて、自分のこと、毎日のこと
を振り返っても良いですよね。

単なる運試しではなく、新しい行動指針を一つ得られた!
くらいに受けとめられたら素敵ですね。

スポンサーリンク

-お正月
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

鏡餅の食べ方 いつ食べる?簡単な方法は?カビはどうする?

スポンサーリンク 鏡開きをして鏡餅を食する。日本の古き良きお正月のイベントですね。 一般の家庭にも現在のような形で供えられるようになったのは、床の間が普及した室町時代以降から、のようです。 この鏡餅を …

正月太りの原因は何?解消するのにおすすめの運動や食事は?

スポンサーリンク 正月太りって言葉、よく耳にしますよね。 確かに、クリスマスから始まって、大晦日の年越しそば、年が明けてからのおせち料理、お雑煮と数々続く豪華な食事たち(笑)。 これらをまともにお腹い …

初詣はいつまでに行けばいい?混雑の時間帯は?出店いつまで?

スポンサーリンク お正月といえば思い浮かぶのが、初詣に出かけてすごい数の人々が密集している風景ではないでしょうか。 全国的には、東京の明治神宮、千葉の成田山新勝寺、神奈川の川崎大師や、東京の浅草寺あた …

お年玉の金額で兄弟で差を付ける?決め方は?幼児の場合は?

スポンサーリンク 新しい年が明けると、子供たちには『待ってました!』のお年玉のやりとりがありますね。 自分が親類からいただいていたのもはるか昔のこと。笑 いざ自分がお年玉をあげる側になると戸惑うのが、 …

年賀状印刷でプリンターないとダメ?自作データで入稿のおすすめは?

スポンサーリンク まだまだ先、と思っているともうすぐそこ!まで迫っているのが小学校夏休みの宿題期限と年賀状の準備の期限、ですね。笑 あなたは、年賀状の購入やデザインの選定または作成、もう始めていますか …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。