猫の手で紡ぐ。

このサイトでは日常生活の話題、悩みごとの解決ヒントや、旬の話題・スポットなどについてご紹介していきます。

観光・ショッピング

三渓園 紅葉の見どころは?混雑状況やライトアップの情報も紹介!

投稿日:

慶応・明治・大正・昭和の4つの時代を生きた横浜の実業家、原富太郎(号は三渓)。

 

原富太郎によって造園された横浜の三渓園は、重要文化財を含む17棟の建造物を有する広大な日本庭園です。

 

落ち着いた佇まいの日本庭園なので、大人の遠足やデートのコースとして、おすすめです。

 

秋にはモミジやイチョウ、ハギやヒガンバナ始め、季節の植物や花を楽しむことができます。

 

ここでは、三渓園の紅葉の見どころや時期、その頃の混雑状況や、ライトアップについての情報を、紹介していきます。

 

スポンサーリンク

三渓園 紅葉の見どころや時期は?

紅葉の見どころや時期は?

 

紅葉の三渓園を紹介している動画がありました。

 

冒頭に記した通り、三渓園には重要文化財を含む17棟もの建造物が、あります。

 

敷地的には、東京ドーム約4個分もの広さを誇っています。

 

その中には、

 

国の重要文化財建造物が、10件12棟

 

横浜市指定有形文化財建造物が、3棟

 

が含まれています。

 

特に、国の重要文化財建造物の12棟というのは、どれも京都や鎌倉など他の都市からの移築なんですね。

 

現地では朽ち果てて行きそうだった建造物を、わざわざ私財をなげうって買い取り、移築して綺麗にした上で(一部は)公開するなんて、簡単にできることではありませんよね。

 

さて、こうした古建築を背景に、三渓園はモミジやイチョウをメインに、目にも鮮やかな秋の紅葉を見せてくれます。

 

たとえば、重要文化財の「聴秋閣」の裏側に通じている遊歩道からの眺めは、まるで絵葉書のような素敵な紅葉の景色ですよ。

 

この遊歩道は、例年、期間限定での公開となります(2018年は11月17日(土)〜12月9日(日)までの予定)。

 

また、安土桃山時代の建築物である「春草盧(しゅんそうろ)」も、イチョウの黄葉で評判のスポットです。

 

実際に今でも、茶室として現役で使われているんですね。

 

大イチョウから落葉した黄色の葉で、あたり一面が真っ黄色に覆われる様は、まさに必見の美しさです。

 

三渓園では、紅葉する木の本数も多く、約500本といわれています。

 

種類としては、モミジやイチョウ、ドウダンツツジ、サクラといったところです。

 

紅葉の楽しめる時期は、その年の気温の状況にもよりますが、平年並みとすれば11月の下旬から、12月の中旬くらいまでです。

 

なお、直近の紅葉の見ごろについては、三渓園(Tel:045-621-0634)まで、直接聞いてみると良いでしょう(電話番号はお間違えなく)。

 

紅葉の古建築公開

三渓園では毎年、「紅葉の古建築公開」のイベントがあります。

 

11月下旬から12月上旬という一番紅葉の綺麗な時期に合わせて、重要文化財の聴秋閣と春草廬の2棟が公開されます。

 

聴秋閣のカエデの紅葉、春草廬の黄色いイチョウの葉、それぞれの佇まいにピタリとハマっていて、SNS映えする光景が広がります。

 

上記の遊歩道の公開と同じく、2棟の古建築は期間限定での公開となります(2018年は11月17日(土)〜12月9日(日)までの予定)。

 

菊花展も魅力的!

 

紅葉の季節の三渓園で、日本の古典的な菊の花を楽しめるイベントがあります。

 

それは、「菊花展」。

 

懸崖や厚物、菅もの、古典菊、小菊盆栽など、ディスプレーにも趣向を凝らした菊の花の展示会です。

 

その数、約500本と見応えがあります。

 

江戸時代からの歴史ある菊の花の展示が、趣溢れる三渓園の園内で行われることが、素敵ですよね。

 

 

菊花展は、毎年10月下旬から11月下旬にかけて開催されます。

 

2018年については、10月26日(金)から11月25日(日)までの予定です。

 

三渓園観覧後のおすすめスポットは?

さて、三渓園の観覧後、あなたはどうしますか?

 

せっかく横浜まで出て来られたのなら、紅葉ざんまいのついでに、中華街や元町まで出てみてはいかがでしょうか。

 

もし食事処をお探しなら、日本で最大の中華街である横浜中華街まで出れば、様々な中華料理のお店が待っていますよ。

 

横浜市営バスで、「三渓園入口」バス停から横浜駅前行の「8系統」のバスに乗れば、約30分で横浜中華街に着きます

 

横浜中華街からは、ショッピングが楽しめる元町ショッピングストリートや、マリンタワー、山下公園方面へも、徒歩で数分圏内です。

 

【三渓園から横浜中華街へ】

 

三渓園 紅葉のときの混雑状況は?

紅葉のときの混雑の状況

三渓園で紅葉を楽しみたい。

 

だけど気になるのは、その時期の混雑状況ですよね。

 

その年にもよりますが、三渓園の紅葉のシーズンでも、入場制限がかかるようなことは、まずありません。

 

広大な敷地なので、いったん入園してしまえば、「押すな押すな」の混雑でゲンナリ、ということはありません。

 

ただし、園内でも紅葉の綺麗なスポットはある程度限られますので(上記の「聴秋閣」や「春草盧(しゅんそうろ)」のように)、その周辺には人が多く集まることはあり得ます。

 

観客のいない建物だけを紅葉とともに写真に収めるには、タイミングを選ぶことにはなりそうですね。

 

ちなみに三渓園では、4月の桜の花見のシーズンや、夏の蛍を観る夕べの時間帯に、人出がピークを迎えます。

 

駐車場の状況

むしろ、紅葉の時期の混雑は、自家用車で訪れる場合の駐車場の方が影響されやすいです。

 

三渓園の正門前の駐車場は、パッと見で並んでいなくても、満車の場合は軽く30分くらい並ぶことになる、ということも少なくありません。

 

いったん入場したら、中ではゆっくりと周遊している人が多いからでしょう。

 

収容台数としても、正門前駐車場は、バスと一般車両との兼用で80台分のスペースしかありません。

 

アプローチしやすい正門前ということもあり、ここの駐車場は混みやすいのです。

 

もしも正門前の駐車場で待たされそうな感じだったら、ためらわずに「本牧市民公園駐車場」の方を利用しましょう。

 

こちらには約300台分の駐車スペースがあります。

 

最初の1時間200円、以降30分ごとに100円ずつ加算される料金のシステムです。

 

5時間以上駐車する場合でなければ、正門前の駐車場(最初の2時間500円、以降30分ごとに100円ずつ加算。1日最大1,000円)よりも割安となります。

 

たとえば、2時間の駐車時間であれば、正門前の駐車場では500円、本牧市民公園駐車場では400円となります。

 

「本牧市民公園駐車場」から園内へは、南門からアプローチします。

 

駐車場から南門までは、徒歩5分ほどで着きますので、そこで入園料を払って入園します。

 

紅葉に季節など、正門前駐車場が混み合いそうな時には、最初から本牧市民公園駐車場に入れてしまうのが、スムーズな駐車方法といえます。

 

アクセス

三渓園へのアクセスは、紅葉の時期のように駐車場の混雑が予想されるような場合には、「電車+バス」の公共交通機関の利用をおすすめします。

 

小さな子どももしくは高齢者が一緒のような時は別として、急がず焦らずで行けるなら、バスが良いですよ。

 

横浜駅方面からのアクセス方法は、いろいろあります。

 

横浜駅や、隣の桜木町駅からバスに乗ってくる方法とかも、選べなくはないです。

 

ですが、ここではバスに乗車している時間が一番短くてすむ、最寄りの根岸駅からバスに乗るルートを紹介します。

 

JR根岸駅のバスターミナルの「2番」乗り場から、横浜市営バスで「58」「99」「101」各系統のバスに乗車、「本牧」バス停下車、徒歩約10分です。

 

三渓園の最寄りの駅は根岸駅なのですが、直接三渓園まで徒歩で行くとすると、たっぷり30分はかかってしまいます。

 

上記のバスルートのご利用が、おすすめです。

 


スポンサーリンク

三渓園 紅葉のライトアップはある?

残念ながら、三渓園では紅葉のライトアップは行われません。

 

ライトアップをなんとなく期待してしまうのは、某ニュース番組でも生中継された「観桜の夕べ」(桜とその周辺のライトアップ)が頭にあるから、かもしれません。

 

もしまだ日程的に間に合うようでしたら、9月下旬に開催される「観月会」では、三重塔などの古建築のライトアップが楽しめます。

 

2018年でいえば、9月21日(金)〜9月25日(火)が、その開催期間となります。

 

■三渓園
住所/横浜市中区本牧三之谷58-1
電話番号/045-621-0634
開園時間/9時から17時まで(入園は閉園の30分前まで)
休園日/12月29日、30日、31日(臨時休園の場合あり)
入園料/大人700円、子供200円(シニア、団体料金等の割引あり)

 

三溪園の詳細な地図や周辺・宿泊の情報はこちら

 

まとめ

三渓園の紅葉の見どころや時期、紅葉の頃の混雑状況や、ライトアップについての情報を、紹介してきました。

 

個人的には、例年12月の10日前後が紅葉の見頃のような気がします。

 

より確実にしたい方は、本文中にもありますが、三渓園に直接電話で聞いてみると、最新の紅葉情報を教えてもらえますよ。

 

【この記事に関連する記事一覧】
根岸森林公園桜の開花状況2018 駐車場の混雑は?カフェ情報も紹介!

三渓園の桜の見頃やライトアップはいつ?駐車場の混雑状況は?

スポンサーリンク

-観光・ショッピング
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

神田明神はラブライブ!の聖地だった!お守りとアクセスも紹介

神田明神といえば、1300年近くもの歴史を有する、江戸東京の守り神、「江戸総鎮守」として有名な神社です。 パワースポット好きな自分は、数年前から度々この地を訪れています。 氏子町が108もあって、その …

山下公園のアクセスや見所は?穴場のデートスポットを紹介!

横浜で定番のデートコースの一つに必ずあげられるのが、山下公園ですね。 山下公園といえば、日本郵船氷川丸や、童謡に出てくる『赤い靴はいてた女の子』像で有名です。 色とりどりに咲き乱れるバラの名所としても …

元町チャーミングセール2018秋の日程は?おすすめやトイレの情報も

スポンサーリンク 横浜元町といえばチャーミングセール、といわれるほど知名度のあるセールが、元町ショッピングストリートで年2回開催されるチャーミングセールです。   それぞれ1週間前後の開催期 …

鎌倉御霊神社のあじさい見ごろは?混雑は平日も?アクセス駐車場は?

鎌倉の御霊神社(鎌倉市坂ノ下4番9号)は鎌倉江の島七福神の一つで、福禄寿を祀っている神社です。 平安時代の後期に創建されたとされ、とても長い歴史を持っています。 この御霊神社はあじさいが見事なことでも …

鎌倉で梅雨時のデートは明月院から報国寺で決まり!アクセスも紹介

例年6月は梅雨の時期ということで、外出することをためらいがちですよね。 それがデートならば一層、外出を楽しめるようなスポットを選びたいものです。 そこで、鎌倉で梅雨のデートスポットとしても有名な明月院 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。