猫の手で紡ぐ。

このサイトでは日常生活の話題、悩みごとの解決ヒントや、旬の話題・スポットなどについてご紹介していきます。

健康

赤ちゃんが犬アレルギーでも同居できる?いつわかる?突然出るの?

投稿日:2018年8月21日 更新日:

あなたが今まさに妊娠中だったり、または生まれたばかりの赤ちゃんがいる場合。

 

既に犬と同居していたら、赤ちゃんに犬アレルギーが出ないかどうか心配ですよね。

 

万が一、赤ちゃんに犬アレルギーが出てしまった場合、犬と同居の道を選ぶことは可能なのでしょうか。

 

また、赤ちゃんが犬アレルギーかどうかは、いつ頃からわかるのでしょうか。

 

赤ちゃんの犬アレルギーは、ある日突然に出てくるものなのでしょうか。

 

ここではこうしたことについて、紹介していきます。

 

スポンサーリンク

赤ちゃん 犬アレルギーでも犬と同居できる?

犬アレルギーでも犬と同居できる?

ひとえに「犬アレルギー」といっても、その症状やレベルはそれぞれ異なります。

 

確かに、検査をして犬アレルギーがわかってしまうと、落ち込みますよね。

 

軽度でも、風邪や花粉症と同様に、咳や鼻炎、目の痒みや充血といった症状が出ます。

 

痛みを伴うくらいの皮膚の痒みも、出るケースがあります。

 

こうした場合でも、アレルギーですから、その原因物質との接触を最大限に避けるようにすることで、症状を抑えることが可能なんです。

 

犬アレルギーの原因物質は、犬の毛の付着物やフケ、唾液に含まれます。

 

それらをなるべく触れない、吸い込まないようにしていく必要があります。

 

実際に、もし赤ちゃんに犬アレルギーがあったとしても、それまでと同様、犬と一緒に暮らし続けているケースは沢山ありますよ。

 

衛生的には、犬が安易に赤ちゃんを舐めたりしないように、一定の距離を設ける必要はありますが。

 

犬との接触を減らす有効な策としては、室内飼いから室外飼いに切り替える、という方法を勧める人もいます。

 

ですが、近年の異常気象のもと、夏の猛暑や冬の厳しい寒さに、これまで室内で可愛がってきた愛犬を晒すことができますか?

 

もちろん、できませんよね?

 

ということで、ここでは室内飼いを継続する前提で、犬アレルギーでも同居する方法を紹介していきますね。

 

同居する場合の具体的な対策は?

ここで、赤ちゃんがもし犬アレルギーだったとして、ワンちゃんと同居する場合の対策の具体例を見ていきましょう。

 

大きな括りとしての対策は、とにかくアレルゲンを溜めない清潔な環境にすること、です。

 

【同居する場合の具体的な対策(例)】

□居住空間を別にする

犬の毛やフケに付着するアレルゲンを遠ざけ、接触頻度を減らすため、部屋やスペースを分け隔てます。

 

□手洗いの励行

犬に触れた後、すぐに手洗いをする習慣をつけましょう。

上にも触れましたが、犬の唾液にもアレルゲンが含まれています。

洗うときには、石鹸カスが残らないように、指の間や爪の生え際、手首周辺もよくすすぐようにしましょう。

 

□犬の体を清潔に保つ

犬の体を清潔に保つために、ブラッシングやシャンプーをまめに行いましょう。

ブラッシングは、毛が舞い上がらないように注意して。

シャンプーは、週に2回以上が推奨されます。

あまり頻回にシャンプーしすぎると、皮脂が取れて皮膚が乾燥し、かえってフケが出やすくなるので要注意です。

 

□毎日部屋を掃除して綺麗に保つ

毎日部屋を掃除して、綺麗に保ちましょう。

余裕があれば、1日2回。

カーペットや畳は、犬の毛やフケがつきやすいので、なるべく避けましょう。

 

□空気清浄機の利用

犬の毛やフケが空中に舞うことで、アレルゲンを吸い込みやすくなります。

高性能な、加湿機能付きの空気清浄機を、常時使うようにしましょう。

 

□換気をこまめにする

埃がたまらないように、掃除するときは同時に換気を行いましょう。

換気の時に埃が舞い上がらないように、普段からコロコロや水拭きを多用しましょう。

 

以上の方法をご参考に、最愛のワンコと共存可能な、楽しい居住空間・環境を作っていきましょう。

 

犬アレルギー反応がひどい場合

犬アレルギー反応がひどい場合は、どうすれば良いのでしょうか?

 

湿疹やかゆみがおさまらない

 

喘息の症状が出始めた

 

こうしたケースで、上記の同居する場合の対策を講じても、全く改善の兆候が「1ミリも」見られない場合、です。

 

喘息による呼吸困難ともなれば、子どもの命に関わることにもなりかねません。

 

このような究極のケースでも、それでも愛犬を手元に置いて一緒に生活している、という人も確かにいます。

 

子どもの命を危険に晒したくない、というのは当然です。

 

その結果、最終的には犬を手放すということも、万やむを得ない選択かもしれません。

 

万一そうした選択をするにしても、実家にお願いする、一生面倒を見てくれる信頼できる人のところに里親に出すなど、犬にとって最善と思われる方法を選択しましょう。

 

☆【猫については?】猫アレルギーについては、以下の記事をご参照ください。
赤ちゃんの猫アレルギーはいつから?いきなり?共存できる?

猫アレルギーでも飼うことは可能?飼い方は?部屋の掃除方法は?

 

 

赤ちゃんの犬アレルギーはいつわかる?

まずはアレルギー検査を受ける

赤ちゃんに、犬アレルギーがあるのかどうか。

 

とても心配なことと思います。

 

でも当然ですが、犬を飼っていても親も子どもも何の症状もないことだって、普通の生活風景です。

 

あまり早くから、過剰に心配しなくても、大丈夫ですよ。

 

新生児には、そもそもアレルギーの症状そのものが少ない、ともいわれます。

 

赤ちゃんの場合は、アレルギーの検査は生後6ヶ月経過後くらいからできます。

 

アレルゲンは、犬にばかりあるわけではありません。

 

アレルギー検査によって、花粉やハウスダストなどの、他の要因でアレルギー症状が出ていることがわかることだって、あります。

 

遺伝は関係する?

犬のアレルギーは、遺伝も関係あるのでしょうか。

 

お母さん自身が、そもそも犬アレルギーの持ち主だったら。

 

これから生まれてくる子が、犬アレルギーにならないかどうか、今から心配する気持ちはわかります。

 

ですが、犬アレルギーが子に遺伝するのかどうか、現代科学ではまだはっきりわかっていません。

 

アレルギーの発症に、遺伝的な素因が関係するようですが、それも実際には絶対的なものではありません。

 

ここでも、意識の使い方になってしまいますが、遺伝するのかどうかにあまり気を使い過ぎても、精神的にストレスを抱えてしまいますよ。

 

それよりも、普段からまめに掃除を心がけたり、換気したりして生活環境を整えておく。

 

ワンコも、大切でかけがいのない家族の一員ですよね。

 

万一犬アレルギーが赤ちゃんに出たとしても、気持ちよく共存できるようにしておくことに、意識と時間を使いましょう。

スポンサーリンク

赤ちゃんの犬アレルギーは突然出るの?

赤ちゃんの犬アレルギーの症状は、ある日突然に出るのでしょうか?

 

これは、残念ながら、そのようです。

 

アレルギーの完全な予防法や治療法は、今のところありません。

 

そして、犬アレルギーも突然出たりすることもあれば、徐々に、あるいは急に症状が出なくなるケースも、報告されています。

 

要は、アレルギーについてはよくわからないことがまだ多い、というのが現状です。

 

犬や猫と、生まれた時から一緒にいることでアレルギーになりにくい、という報告もありますが、そうでないケースも多々あります。

 

ここでいえることは、犬アレルギーが突然出るということに意識を向け過ぎないこと。

 

上記のように、犬アレルギーの症状やレベルもそれぞれです。

 

万一犬アレルギーが出たとしても、それはそのときにできる最善の対応をすれば良い、くらいの気持ちでいましょう。

 

愛犬との生活を、毎日楽しく送ることに意識を向けましょう。

 

まとめ

万が一、赤ちゃんに犬アレルギーが出ても、犬と同居できるのでしょうか。

 

赤ちゃんが犬アレルギーかどうか、いつわかるのでしょうか。

 

また、犬アレルギーはある日突然に出てくるものなのでしょうか。

 

ここではこうしたことについて、紹介しました。

 

犬アレルギーや、アレルギーそのものについて、わかっていないことが多いのも事実。

 

ひどいアレルギー症状に悩んでいた人でも、突然に症状が出なくなった、という話も耳にします。

 

今から赤ちゃんに犬アレルギーが出るのではないか、と気にし過ぎないことも大切です。

 

上記の対策を励行しながら、すでにいる愛犬との生活を、うまくバランスさせている家庭も多いのも事実です。

 

その一つの参考になれば、幸いです。

 

【この記事に関連する記事一覧】
赤ちゃんの猫アレルギーはいつから?いきなり?共存できる?

猫アレルギーでも飼うことは可能?飼い方は?部屋の掃除方法は?

赤ちゃんに加湿は必要?その方法は?睡眠時の加湿の方法は?

スポンサーリンク

-健康
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

熱中症予防で水と塩の摂り方は?水分の量や飲み物の作り方を紹介!

発汗や皮膚の温度の調整が、気温や体の状態、水分が補給されない状況などによりうまくいかなくなって、体温の調節が効かなくなり起きるのが熱中症です。 熱中症になると体に熱がこもり、脱水症状や筋けいれん、嘔吐 …

シラカバ花粉症は豆乳でも出る?またその時期と対策は?

スポンサーリンク 杉がほとんどない北海道では、スギ花粉症があまり見られないわけですが、代わりにシラカバの花粉をアレルゲンとするシラカバ花粉症に悩む人がいます。 シラカバ花粉症は、近年患者数が増えてきて …

2月にみられる花粉症の種類と対策および風邪との違いについて

毎年2月といえば、花粉症がいよいよ本格化してくる月ですね。 2月は立春です。まだまだ寒くて重ね着をする月(衣更着)といいますが、その寒い中でも花粉は飛び始めます。 あらかじめ概ねの花粉情報を知っておく …

パソコンによる肩こりを解消したい!ストレッチ法や頭痛との関係は?

スポンサーリンク 会社でのデスクワークに、パソコンはもはやなくてはならないもの。   デスクワークとしてパソコン作業していく中で、肩こりは避けられないものと、あきらめていませんか? &nbs …

子供のインフルエンザで親の予防法は?薬の効果は?仕事は?

年末の12月から流行り始め、翌3月にかけて猛威を振るうとされるインフルエンザウイルス。 もしあなたのお子さんがそのインフルエンザにかかってしまったら、母親のあなたはどうすれば良いのでしょうか。 またお …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。